pagetop
MEMBER INTERVIEW 03 営業本部 東京支社 企画営業3部 清野文香

大学受験のとき、第一志望校に入れずに悔しい思いをしました。最終的に入学した大学は、ほとんど調べないままで入学したのですが、とても充実した大学生活を送ることができました。どうしても高校生は、知名度や偏差値で大学を選んでしまう傾向にありますが、まだ知らないだけで自分に合った大学は他にあるかもしれません。また、どの大学に入るかよりも、自分自身で選んだ大学で自分がどう行動するかが重要です。より多くの高校生に、そうした大学の魅力や情報を発信し、希望した進路に進んでほしいと思ったことが、この仕事に興味をもったきっかけでした。

入社後は高崎事務所に配属され、新潟・栃木エリアの大学を中心に企画営業を行っています。地方エリアの大学は「学生不足」という悩みを抱えていることが多いです。全国には、入学者数が定員に達しない状況が続き、合併や縮小を迫られている大学も少なくありません。私たちは、こういった課題を解決するために、ベネッセグループならではのマーケティングデータから大学の課題や強みを導き出します。そして、教育改革などの今後起こり得る環境変化を見据えて、広報支援だけでなく教学改革まで、あらゆるソリューションを組み合わせた戦略を模索します。例えば、高校生の志望動向などの定量データと、実際に高校生や先生にヒアリングした定性データをかけ合わせ、説得力のある解決策を提案していくなど、戦略はさまざまです。

MEMBER INTERVIEW 03 営業本部 東京支社 企画営業3部 清野文香MEMBER INTERVIEW 03 営業本部 東京支社 企画営業3部 清野文香

お客様である大学の方々は、お客様であると同時に、熱い想いをお持ちの教育者でもあり、その方々に、私は新人の頃から育てていただいたという意識があります。だからこそ、大学を取り巻く環境が大きく変化しつつあるこの転換期に、大学の頼れるパートナーになりたい。そして、大学を、日本の教育現場を、より良くするために全力で仕事をしていきたいと考えています。

MENBER INTERVIEW 01
MEMBER INTERVIEW 01 プロモーション本部 プロモーション部 市川耕平
自社メディアで
高校生と大学の
架け橋をつくる。
プロモーション本部
プロモーション部
市川耕平
MENBER INTERVIEW 02
MEMBER INTERVIEW 02 マナビジョン企画部 広告課 鈴木那奈
お客様とその先の
高校生のために、
魅力あるコンテンツ
を追求する。
プロモーション本部
マナビジョン企画部 広告課
鈴木那奈